敷金から引かれる代金

賃貸住宅を借りるときには、必ずと言っていいほどに敷金が発生します。敷金は、大家さんに預ける保証のためのお金です。例えば家賃を滞納したときや、部屋を傷つけて修理が必要になってしまったときには、敷金からお金が引かれます。基本的に何も問題が起きなければ、借り主に返されるお金と言えるでしょう。ただし、返金がなかなか行われない、少額しか返金されないという問題が発生することもあります。返金されない理由として「ハウスクリーニング代として」という説明を受けた経験がある人もいるかもしれません。ハウスクリーニング代とは、その名の通り部屋を綺麗に掃除して、部屋を借りる前の状態に戻す作業です。しかし、ハウスクリーニング代の中でも払う必要のあるもの、ないものが存在します。敷金から引かれるものは、国土交通省の発表しているガイドラインに沿って決定します。まず、支払い義務が発生するものに関しては、基本的に「入居者の過失によって発生したもの」が該当します。飲み物や食べ物を零してしまってできたシミ、タバコで焦がしてしまった跡、ペットがつけた跡、フローリングなど物を引きずったときにできる跡などです。支払いが発生しないものは、「普通に生活をしていて発生しうる変色・劣化」が該当し、入居者が負担する義務はありません。日焼けによる壁紙や畳の変色、本棚などを置いたときのへこみ、電気焼けによる壁紙の変色、拭けばすぐに落ちる程度の汚れ、などが該当します。綺麗に使っていたはずなのにハウスクリーニング代を請求されたという場合、必ず大家さんに確認をしましょう。当時の規約を破っていないか、契約条件はどうなっているのかを落ち着いて読み直しましょう。