邸宅地にある高級賃貸住宅について

中落合エリアは、新宿駅など複数路線が利用可能です。都心の快適なアクセスを享受することができるでしょう。この中落合エリアというのは、知る人ぞ知る邸宅でもあります。明治時代には、政治家で学習院長だった近衛篤麿が居を構えていたこともあります。その後、大正から昭和初期にかけては、理想の邸宅地を具現化した目白文化村として大規模に開発されました。

それがこの中落合エリアです。そんな絢爛たる歴史の風情を感じさせる中落合エリアですが、その魅力は低層住宅な良好な環境を守るために定められた「第一種低層住居専用地域」である点です。都心エリアでこの地域に指定を受けているのは、松濤、広尾、高輪、上原の一部のみです。新宿区内では、約6.6%とごくわずか。この視点からも、中落合エリアというのは、希少性があると考えていいでしょう。都心で高級賃貸住宅を検討する人たちにとって、利便性と希少性というのも条件の候補に上がってくるものです。都心では数少ない第一種低層住居専用地域というのは、十分魅力だといえます。ここの丘に建つ低層マンションは、内装にイタリア製のタイルを使ったり、ドイツ製のシステムキッチンにしたりすることで、普遍的な品質を追求しています。

また、都心にありながら、緑豊かな武蔵野の森を身近にする場所でもあります。東京の名湧水57選に選ばれているおとめ山公園をはじめ、数多くの公園が現地周辺に点在しています。学習院大学などのキャンパスも多くて、伝統あるアカデミックなイメージもこのエリアの特徴だといえます。さらに病院やスーパーなども徒歩圏内にあり、また、周辺には6つもスーパーがあるなど、日々のお買い物も楽しむことができます。

Leave a Reply