都心の賃貸マンションの管理とは

高級賃貸マンションを借りるときに、そのマンションの管理状態というのはとても気になります。多くのハイグレードマンションが集まる、千代田区の一番町にある高級マンションの管理には注目する点がおおくあります。このマンションの特徴は、緑が敷地の40%近く占めているところです。とても贅沢です。ここは代々地権者の私邸だったそうですが、その方がとても庭を大切に守ってきました。そのため、デベロッパーにマンションの開発を任せるさいに、庭をできるかぎり残すように要請したようです。管理面では季節ごとに剪定を続けています。今後は樹木の入れ替えや将来を見すえた計画立案などが必要になってくるということで、対応力のある造園会社に依頼しています。また管理組合もきちんとしており、お互いが顔見知りになってマンション内の雰囲気も和んでいます。歴史を重んじて、地域から愛されるマンションに住みたいのは、高級賃貸住宅を検討する人たちも同じです。マンションが大事にしている庭など、住人として同じように大切に考えていきたいところ。また、東日本大震災を機に共用部分の照明をLEDに変えたりと住み良くするための変化もしているマンションというのは賃貸としても人気があります。庭園や植栽というのは、15年ほどの周期で樹木の植え替えや土壌の入れ替えなどの、大掛かりな手入れが必要となります。こういったことを踏まえると、管理組合などの努力を感じます。賃貸だからこそ、こうした管理する側の大変さなどを考えていくべきだと思います。入居者として、周囲をリスペクトし、また、リスペクトされる存在になるのが理想です。賃貸を借りる側として地域へのリスペクトが大事です。

Leave a Reply